医療過誤は許してはいけないこと、弁護士と解決に向かおう

誰でも起こりうるから、他人ごとではない。

contents

一人では行えない

相談相手は弁護士に任せた方が良いでしょう。医療過誤は裁判を起こさなければならない可能性がある為、知識のある弁護士を頼ることで勇気を持って一緒に立ち向かうことが出来ます。相談は継続して行ないましょう。

詳細を確認する

無料相談をしよう

複数の弁護士に相談をして医療過誤と認められたた、大手の弁護士に頼り本格的に裁判の準備をすることが出来るでしょう。弁護士への相談は無料で出来る場合もある為、複数の弁護士に相談をして、弁護士を決めるのも良いです。

詳細を確認する

あってはならないこと

近年は医療過誤について相談をする方が増加してきています。予想外の死などは医療過誤の可能性がある為、放置してはいけません。医療過誤は弁護士に相談をして病院側に賠償金を請求しましょう。

詳細を確認する

許せないこと

医療過誤は誰にだって無縁ではない

医療過誤というものは、誰にだって無縁のものではありません。 まず、事故というものが避けられないものなのはご承知の通りです。 運悪くアクシデントが発生することを無くすなんて事は不可能だからです。 医療過誤とはそういった事故の内、予見することが出来たと思われるものの事をいいます。 しかしこれさえも人間が行う以上は避けられない事なのです。 つい、うっかり。 これを許す事は当事者には出来ないかも知れませんが、客観的に見て起こり得ることである事は間違いありません。 問題は、責任の取り方です。 人間には過ちを犯さない事は出来ませんが、出来うる限りの責任を取るという事は可能です。 医療訴訟は難しいとされて来ましたが、最近の注目度の高まりもあり、相談できる場も増えて来ました。 もし医療過誤があったのなら、医師に相応の損害賠償を求めるのは当然の権利だと知っておいて下さい。

増加する医療訴訟について

インターネットの普及は弁護士と市民の距離を縮めました。 今は大した手間もなく、特定分野に強い弁護士を探すことが出来ます。 この事は、医療訴訟が増える事も意味しています。 今までは誰に相談すれば分からなかった人達でも、簡単に医療訴訟を得意とする法律事務所に相談できるからです。 ただこの事は自体は悪いことではありませんが、医療の現場にとっては必ずしも良いこととは言えません。 先程も申し上げた通り、事故というものは避けられるものではありません。 医療過誤に対しては、然るべき対応が望まれるとは言え、それが事故なのか過誤なのかは非常に判断の難しいものです。 現在医療の現場は人手不足などの多くの問題を抱えています。 医療訴訟への対応という大きな負担が、医療の質を下げる原因にもなりかねないのです。 もちろん、この事は医療過誤を見過ごす理由にはなり得ません。 ただ、弁護士に相談する際にはこういった事もほんの少しだけ覚えておいて欲しいと思います。

医療過誤が起きた時そその対処を聞ける相談窓口の調べ方

近年、医療事故や医療過誤などといった内容のニュースをよく耳にすることが多くなってきました。その背景には医者不足や、高齢化による患者の増加などがあげられると思います。医療事故とは医療に関するすべての事故のことを指しますが、医療過誤と言うのはその医療事故のうち予見し回避可能であるにもかかわらず医者や看護師の過失によるもので患者側に不利益を被るものを指します。 もしこのようなことになった場合どこに相談すればよいのかというと、法律上医師や看護師に患者が受けた被害を損害賠償で請求を求めることができるので、まずは法律に詳しい弁護士に相談することが最初のステップになるのではないかと思います。 弁護士にもそういった相談案件のプロの方がいますので、医療過誤における損害賠償請求の相談などと言ったことで相談を持ちかけるのがベストではないかと考えられます。では医療過誤でどこまで請求できるのかを少し次の段落で考えて行きたいと思います。

お願いできる弁護士とそうでない弁護士、できる請求とできない請求

医療過誤においてどういったところで過失であったかを考察する際抑えておきたいことがいくつかあります。 被害のことでまず頭に血が登ってらっしゃる人もいるかと思いますのでまずは親身になって相談に乗ってくれるというのは当たり前のことですが、1つの重要点になると思います。では具体的に医療過誤のポイントを紹介します。まず、医師が緊急手術を行わなかった過失というものが存在しているかもしれません。2つ目に技術的なミス、最近良くメディアなどに取りあえげられる機会が多いのがこれに当たります。3つ目に薬剤の使用ミス、こちらもよくメディアに取り上げられていますね。4つ目に設置危惧の取り扱いミス、2つ目とやや被るところがあります。最後に術後の対処ミス、あまり取り上げられることはありませんがかなり多くこのミスは存在しています。このあたりを良く弁護士と相談して請求できるものと請求できないものをよく考えていく必要があると思われます。

弁護士選びが大切

医療過誤の問題は長期的に付き合っていかなければならない場合がある為、信頼できる弁護士を選ぶことが大切なのではないでしょうか。協会などへ相談をすることで、良い弁護士を見つけることが出来る可能性があります。

詳細を確認する

解決する為には

医療過誤が起こった場合は裁判を起こしたいと思う方が多いですが、裁判ではなく示談で収めてしまうケースが多いです。お互いに意見が違うからこそ、しっかりと話し合いをして解決しなければなりません。

詳細を確認する

オススメリンク

Copyright © 2015 医療過誤は許してはいけないこと、弁護士と解決に向かおう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com